So-net無料ブログ作成
検索選択
FXスポンサードリンク

「最初の追証の時に○○」 [FX 相場の格言]

「最初の追証の時に売れ」  

追証が掛かるという事は、トレンドに乗れていない証拠であり、

これを警告信号と考え、注意すべきだという事。

他にも「追証は唯一確実な助言」「最初の損は最良の損」という

格言がありますが、追証が発生し評価損が出ている時には、

何も考えず機械的に見切り投げをしたほうが最終的に深い傷を

負わずに済むという事です。
   
かなり乱暴な格言のようですが、評価損が出る時は悩み時ですよね。

投げるべきか、それとも戻りを待つかの判断は、とても難しく、

心理的に追い詰められて辛いものです。

この格言では、投げのタイミングは

「最初に追証の知らせが来た時」

何も考えずに投げた方が損失を大きくしなくて済む場合が多いという

格言なのです。
   

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。