So-net無料ブログ作成
検索選択
FXスポンサードリンク

ケイ線・チャートは相場の・・・/フェラーリが無残な姿に・・・ [FX 相場の格言]

「ケイ線・チャートは相場の杖である」  
ケイ線やチャートは、上昇トレンドなのか下降トレンドなのかを

知ったり、過去の高値や安値を知る上で必要な道具です。
   
また、ケイ線やチャートが示しているのは相場の歴史であり、

経験を積むとケイ線から未来がある程度読めるようになること

から、相場の杖=(イコール)頼りになるという事です。

続き には、昨日のフェラーリの事故を書きました。

ウェットな路面&150キロ程度のスピード&ゆるやかなカーブ&60歳

年末ですから特に気をつけましょう。

  20111204.JPG
 フェラーリが次々とクラッシュ―。4日午前10時15分ごろ、山口・下関市小月町の中国自動車道上り線で、多数の高級スポーツカーなどが絡む多重事故があった。乗っていた男女10人が病院に運ばれたが、打撲など軽傷のもよう。事故に巻き込まれたのは、フェラーリ8台を含む高級車ばかり計13台で、“被害総額”は億単位とみられる異例の事故だった。

20111204-0.JPG
 フェラーリがフェラーリにぶつかり、そのフェラーリが、またフェラーリを巻き込んだ。大破、中破した赤い車が約400メートルにわたって連なる。イタリア生まれの高級スポーツカーたちは、見る影もない無残な姿を日本の高速道路上にさらしていた。

 日曜日の中国道で、異例の多重事故が起きた。山口県警高速隊によると、事故に遭ったのは、フェラーリ8台、ランボルギーニ1台、ベンツ2台に、国産セダン2台の計13台。また、対向車線を走っていて、飛んできた部品が当たったとしてベンツ1台が届け出た。ほかに同様の被害を受けた車両が複数あるとみられる。

 高速隊によると、まずフェラーリ1台が、緩い上り坂の左カーブでスリップし、中央分離帯にぶつかって停止。その車に後続のフェラーリなどが追突したり、接触するなどして事故が拡大したとみられる。現場付近は一時、24台の高級車が止まる異様な光景となった。その後の調べで一緒に走行するなどしていた仲間と判明。実際に事故に遭ったのは13台で、病院に運ばれた男女10人は軽傷のほか、治療を受けずに帰宅した人もいるという。

 事故に遭ったフェラーリは多くが福岡ナンバー。愛好家のグループが九州から広島方面にドライブ中だったとみられる。高速隊は、最初に事故を起こした福岡県筑紫野市に住む男性(60)のフェラーリがスピードを出し過ぎた可能性もあるとみて、原因を調べる。

1205.JPG
 大破して動けなくなった事故車は、中古でも販売相場1000万円クラスのフェラーリF355、360モデナなど高級車ばかり。総額で“億超え”は間違いない大規模な事故だった。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。